学校財務ウィーク2017
実施時期:平成29年11月1日〜7日

『子どもの豊かな育ちを学校財務から』

何のためにするの?
 子どもの豊かな育ちを支援するためであり、学校教育環境、そして学校財務を充実させていくためです。学校教育の向上を図る上で必要不可欠である財務に対する理解を深め、その重要性を社会に喚起することをねらいとしています。学校財務の重要性の認識を深めることにより、事務職員の存在意義も高まります。
 全事研では、全国全ての事務職員が学校財務を統括することを目指しています。「学校財務ウィーク」を活用し、全国の仲間とともに、「学校財務統括」への一歩を踏み出しましょう。

→取り組みについての依頼状です   依頼状(PDF)


どうすればいいんだろう?
例えば、
○安全安心な施設設備について考えてみよう
○「人」「教材」「施設」に視点をあてアンケートを実施して報告してみよう
○環境に配慮した物品の購入を検討してみよう
○子どもたちに学校の電気・水道料について説明してみよう
○通帳・帳簿の点検や学校予算の中間報告をしよう

日頃、私たちが行っている財務に関する仕事を知ってもらう機会だと考えてください。


資料など
(ページ内リンク)
山形県内の取り組み紹介
  山形県を代表する三人 HiroとYuki&ミッチー
What's ”財務ウィーク”? 2017
2016年の取り組み
子どもの豊かな育ちを学校財務から!
2015年の取り組み
子どもの豊かな育ちを学校財務から!
学校財務ウィーク事例の募集  2014年の取り組み
盛りだくさんの実践!
2013年の取り組み
盛りだくさんの実践!
2012年の取り組み
盛りだくさんの実践!
 
2011年の取り組み
実践応募がたくさん!見ごたえ充分です。
 
資料・リンク  2010年の取り組み
ecoな話題で盛り上がりました
  2009年の取り組み
できることから始めよう!!
できたことは続けてみよう!!
2008年の取り組み
歴史はここから始まりました


学校財務ウィーク事例集の募集について

==  応募内容  ==
学校財務ウィークに関連して皆さんが実践された事例や取組

==  応募方法  ==
応募者の所属・氏名・ニックネーム(山形県学校事務WEBでも紹介する際に使用)を
書いて、下記あてに郵送かメールで応募して下さい。
データは出来る限り電子媒体(メール・CD-Rなど)でお願いします。

また、本募集は全事研による募集も兼ねています。
全事研の募集にも応募する場合は、下記のシートに記入し併せて送付して下さい。
実践事例シート(エクセル)
(※全事研セミナーにて配付、WEBページ等で公開を予定。)

応募先

〒999−2251
山形県南陽市高梨460
南陽市立沖郷小学校 嶋貫知子(情報部長)
TEL 0238−43−2372

メールアドレス:tomoko-s@yjimu.jp

フォームメールによる応募はこちら→応募する

== 応募期間 ==
平成29年10月20日〜平成29年11月24日

== 取り扱いについて ==
応募された事例・取組は本サイトに掲載予定です。

全事研に応募したものについては、そちらでの取り扱いとなります。


▲ページTOPへ▲

 「第3回学校マネジメントフォーラム(東京会場)」の開催について


日時:平成29年12月1日(金) 午後1時30分〜午後5時30分

会場:文部科学省東館3階講堂

講演  
学校マネジメントコンサルタント  妹尾 昌俊 氏 

発表
※学校現場における業務改善加速のため実践研究事業の実施自治体から発表を予定しています。 


参加費:無料

申込み:平成29年10月12日(木)14:00より受付開始


「第3回学校マネジメントフォーラム(東京会場)」開催要項


▲ページTOPへ▲

■ ■ 資 料 ■ ■
◇学校財務ウィーク2017のポスター

■ ■ リンク ■ ■
◇全事研



できることから始めよう!!
できたことは続けてみよう!!