会員から投稿された写真です。
投稿は下記メニューの
「会員フォトギャラリー」から
 

私たち学校事務職員は

学校では子どもの豊かな学びと育ちのため、保護者や地域のニーズと願いに対応できるよう、様々な職種の人がチームとして課題解決を図っています。私たち学校事務職員は、多様な視点から教職員・施設設備・総務や財務に関する仕事を通して子どもたちの笑顔輝く学校づくりに寄与しています。教職員はもとより関係諸機関や地域保護者と連携し企画・調整を行いながら仕事を進めています。
 

更新履歴

2018/11/08
情報部より発信 『んだんだ』 掲載しました。

2018/11/01
お役立ちリンクに追加しました。

2018/10/25
夏季研修会の記録を掲載しました。
メルマガ配信しました。

2018/10/18
会報54号掲載しました。

2018/10/11
情報部より発信 『んだんだ』 掲載しました。
 

問い合わせ

会員向けコンテンツの閲覧にはIDとパスワードが必要です。
忘れてしまった場合は再発行申請してください。
※ログインする際に「再発行はこちら」とメッセージが表示されますが。そこからの再発行はできないので、必ず上再発行申請から連絡ください。

 
都道府県別訪問者

ジオターゲティング
 

 

学校財務ウィーク2018
実施時期:平成30年11月1日~7日

『子どもの豊かな育ちを学校財務から』
 


何のためにするの?
 子どもの豊かな育ちを支援するためであり、学校教育環境、そして学校財務を充実させていくためです。学校教育の向上を図る上で必要不可欠である財務に対する理解を深め、その重要性を社会に喚起することをねらいとしています。学校財務の重要性の認識を深めることにより、事務職員の存在意義も高まります。
 全事研では、全国全ての事務職員が学校財務を統括することを目指しています。「学校財務ウィーク」を活用し、全国の仲間とともに、「学校財務統括」への一歩を踏み出しましょう。

どうすればいいんだろう?
例えば、
○安全安心な施設設備について考えてみよう
○「人」「教材」「施設」に視点をあてアンケートを実施して報告してみよう
○環境に配慮した物品の購入を検討してみよう
○子どもたちに学校の電気・水道料について説明してみよう
○通帳・帳簿の点検や学校予算の中間報告をしよう

日頃、私たちが行っている財務に関する仕事を知ってもらう機会だと考えてください。
 
HiroとYuki&ミッチーの What's”学校財務ウィーク”?
 
 
過年度の取り組みです。たくさんの実践を紹介しています。
 
Yukiよ。
東京生まれ
の東京育ち。山形に
は最近来たわ。
Hiroです。
こう見えても山形生まれの山形育ちデス。
ミッチーです。
先輩方、ご指導よろしくお願いします。 
 

学校財務ウィーク事例集の募集について

==  応募内容  ==
学校財務ウィークに関連して皆さんが実践された事例や取組

==  応募方法  ==
応募者の所属・氏名・ニックネーム(山形県学校事務WEBでも紹介する際に使用)を
書いて、下記あてに郵送かメールで応募して下さい。
データは出来る限り電子媒体(メール・CD-Rなど)でお願いします。

また、本募集は全事研による募集も兼ねています。
全事研の募集にも応募する場合は、下記のシートに記入し併せて送付して下さい。
実践事例シート(zip
(※全事研セミナーにて配付、WEBページ等で公開を予定。)

応募先

〒992-2251
山形県南陽市高梨460番地
南陽市立沖郷小学校 嶋貫知子(情報部長)
TEL 0238-43-2372

メールアドレス:tomoko-s@yjimu.jp

フォームメールによる応募はこちら→応募する

== 応募期間 ==
平成30年10月20日~平成30年11月28日

== 取り扱いについて ==
応募された事例・取組は本サイトに掲載予定です。

全事研に応募したものについては、そちらでの取り扱いとなります。





■ ■ 資 料 ■ ■
◇学校財務ウィーク2018のポスター
■ ■ リンク ■ ■
◇全事研



できることから始めよう!!
できたことは続けてみよう!!