会員から投稿された写真です。
投稿は下記メニューの
「会員フォトギャラリー」から
 

私たち学校事務職員は

学校では子どもの豊かな学びと育ちのため、保護者や地域のニーズと願いに対応できるよう、様々な職種の人がチームとして課題解決を図っています。私たち学校事務職員は、多様な視点から教職員・施設設備・総務や財務に関する仕事を通して子どもたちの笑顔輝く学校づくりに寄与しています。教職員はもとより関係諸機関や地域保護者と連携し企画・調整を行いながら仕事を進めています。
 

更新履歴

2019/10/31
メルマガ配信しました。

2019/10/30
秋季セミナーフォトギャラリーを掲載しました。

2019/10/10
情報部より発信『んだんだ』掲載しました。
 

問い合わせ

会員向けコンテンツの閲覧にはIDとパスワードが必要です。
忘れてしまった場合は再発行申請してください。
※ログインする際に「再発行はこちら」とメッセージが表示されますが。そこからの再発行はできないので、必ず上再発行申請から連絡ください。

 

 
 
                                会長 新宮利浩      

 
 今年度、会長を務めさせていただくことになりました。微力ではありますが、精一杯務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

さて、今年度の大きな事業としましては、8年ぶりに改定作業を行い11月に完成予定の改定版「やまがた花笠プラン」の学習と定着、協議会発足から3回目となる全日日程の第3回研究大会の開催、そして会場を庄内地区から最上地区に移して開催される秋季セミナーin最上があります。また、県関係ではいよいよモデル校における学校事務の連携・共同実施が始まります。この制度を検証しながら、平成29年度に私たちが県教育委員会に提案した「山形県公立小中学校共同学校事務室実施要綱(案)」に基づく共同学校事務室の制度化に繋げていきたいと考えています。

今、私たちは大きな世代交代期を迎えています。全国大会を成し遂げ成熟した協議会活動を次の世代に繋いでいくことが大切になってきました。会長を引き受けるにあたり、これまでにない大幅な人事をさせていただきました。事務局・専門部長をはじめ、実に7割の方に新たに役職を引き受けていただきました。協議会を次の世代に繋ぐために最高のメンバーにお集まりいただいたと思っています。これまでのやり方に囚われることなく、新たな視点・新たな感性から新しい協議会活動を創っていただけるものと確信しています。

会員の皆様の温かなご支援をよろしくお願いいたします。